20mm F1.4

◀◀ 地域情報一覧へ戻る。

こんにちは。ストアハウス撮影スタッフです。
今回は唐突に20mm超広角レンズをレポートしたいと思います。

SIGMA 20mm F1.4 DG HSMというレンズ

100000001002905258_10204

こちら、SIGMAの放つ「開放F値1.4、20mm」という他に例を見ない広角レンズ。本体が大きく重いので正直なところ「お手軽レンズ」ではありません。このレンズの特徴は「超広角&高画質」。構図さえキマればだれでも「作品」を撮影することができます。

SIGMAという会社はレンズの設計から組み立てまでを一貫して国内で行っているそうで、最近では数少なくなってきた「MADE IN JAPAN」の刻印が眩しい。
SIGMAレンズのラインナップは3タイプあり、このレンズはその中でも光学性能を一切妥協しない「Art(アート)」ラインのレンズとなります。こう書くとさぞかし高価なのかと思われるかもしれませんが、そうでもないのです。ただし安くもないですが。。。

スチル撮影に関しましてはほぼ文句のつけようのない描写です。一般的にF値の低い「明るいレンズ」は開放でいろいろ描写が「甘く」なる傾向があり、さらに超広角の場合周辺光量落ちを含めこれが顕著となります。なので少し絞って「キレ」を増し撮影することが多いのですが、このレンズに関しましてはその心配がほとんどないと言ってよいです。その代わりこのレンズは「大きく重い」です。

というわけで、とりあえず作例をご覧いただきたいと思います。

*マウントアダプター「MD-11」を使用しSONY α7 IIで撮影

まとめ

超広角20mmの開放F値1.4という、デジタル専用レンズとしては他に例を見ないレンズなので、開放で撮影するだけで、「このレンズにしか撮影できない」写真が撮れてしまいます(ただし20mmという超広角なので「被写体が小さく、遠くにある」場合には向かないレンズとも言えます)。絞り1.4であれば、暗がりでもすばらしくクリアな画像を撮影できます。

あと注意点ですが、いわゆる出目金レンズ(前玉が前方へ飛び出ている)なので保護フィルターが装着できません。傷には注意しましょう!!

協賛店舗
© STOREHOUSE. all rights reserved.