Unknown SETOUCHI vol.3

大潮の夕方。干潟に集まったのは、一日の仕事を終えた田島漁協青年部の面々。「作業は潮が満ちてくるまで」と、慣れた手つきで、大切に育てた田島アサリ「貝王(かいおう)」を収穫する。

写真=和田愛 文=前原尚美

瀬戸内の知られざる日常を探して。

沼南(しょうなん)エリア

ぶどうの生産や漁業、造船業などで栄えるこの地域には、地元の人に愛され続ける食べ物や、心地よい場所があります。
沼南エリアは、福山市の南に位置する沼隈半島の南部のこと。
今回は、1989 年に完成した内海大橋によって、沼隈町とつながった内海町も合わせて紹介します。
福山駅からクルマを約 30 分走らせて、沼南エリアの、知られざる日常を訪ねました。

1

2 3 4 5 6

関連記事

  1. 喜田紘平/学校法人喜田学園 東林館高等学校 理事長

  2. 大人も絵本を読む

  3. どうせなら、 世界を変えてみたい。

  4. 7Heaven / STOREHOUSE 注目店舗

  5. カフェのようなくつろぎの空間 ERUDO

  6. 僕らの価値観。