Unknown SETOUCHI vol.3

 

まだ少し風が冷たい4月上旬。ハウスの中では、少しずつ出始めたぶどうの芽の間引き作業。露地栽培では、病気にならないように雨よけ用ビニールを張る作業。秋の収穫、出荷に向けて、ぶどう作りはすでに始まっていた。

直売所には毎年 1 万 1 千人が訪れる

毎年約 45 万ケースのぶどうを生産するのは、1950 年代に共有林を開墾したぶどう畑。畑を利用する 83 戸の農家が、連携して土作りや防除を行い出荷する。出荷時期は 6月~10 月。沼隈町が日本で初めて商品化した種無しぶどう「ニューベリー A」や、皮ごと食べられる「シャインマスカット」などが並ぶ直売所には、毎年 1万1千人が訪れる。

JA 福山市 沼隈ぶどう選果場
住所:広島県福山市沼隈町中山南 3296
TEL:084-980-8020
営業期間:7月上旬~9月下旬
営業時間:10:00~16:00
定休日:不定休

1 2

3

4 5 6

関連記事

  1. 7Heaven / STOREHOUSE 注目店舗

  2. 君野祥子/農家

  3. 楽笑工房 / STOREHOUSE14 飲食部門 第1位

  4. asunaro工房

  5. 喜田紘平/学校法人喜田学園 東林館高等学校 理事長

  6. from Overseas