台灣生まれマスミの 「我愛台灣」

私の大好きな「九份(かうふん)」は、台北からクルマで1時間ほどの山あいにある街。ここではかつて、日本人による金鉱採掘が盛んだったと言われている。そんな九份の街にはスニーカーで行くのがおススメ。狭い路地に急な石段。小さなお店がぎゅうぎゅうにひしめいて、お茶やスイーツ、台湾雑貨が並んでいる。
九份は、映画「千と千尋の神隠し」の世界に入り込んだような気分を味わえる不思議な街。提灯で彩られた夜景は、一瞬にしてこの場所の虜になってしまうほど独特な雰囲気。なんだかちょっぴり懐かしく、世界中の観光客が押し寄せるのも納得。台灣に行くなら、ぜひ訪れて欲しい場所のひとつ。名物のタロイモ団子を食べるのも忘れずに。

この歳になり、新たに夢を抱く
ここ数年、毎年何度も台湾を訪れるようになり、台湾の人、モノにますます魅了され、再び住みたいと強く思うようになった。中国語を習い4年が経ち、日本語教師の学校に通い始めた。この歳になり、新たに夢を抱くとは自分でも驚きだけれど、今できることから挑戦していく。一歩を踏み出すほんの少しの勇気の先には、たくさんの出会いが待っていた。
私を1番応援してくれているのは子供たち。中3になり受験を控えた双子と、一緒に勉強し、夢を語り合う。こんな日が来るなんて夢にも思わなかった。まだまだやりたいことがたくさんある。台湾に住んでいる自分を想像するだけで、ワクワクがとまらない。

  • 書いた人/今岡麻住

1978年台灣生まれ。二児の母。多胎児サークルツインズファミリー代表。NPO法人mamanohibi。ワンだぁカフェ主催。

関連記事

  1. 痛快!えみが行く

  2. 大家族ショーコの 「食べる人の顔が見えるよろこび」

  3. ワンだぁカフェ

  4. 大人も絵本を読む

  5. 大人も絵本を読む 「発見の木」